HOME MEDICAL CARE

24時間365日在宅療養支援診療所

医師がご自宅を訪問し、計画的に診療を行います。
また、緊急時は訪問看護部門との連携により、24時間365日の体制で対応いたします。
病院と同等の緩和ケアの提供をはじめ、各種制度や独自のサービスを組み合わせ、安心して日々をお過ごしいただけます。

訪問診療のご説明

こんな方々を積極的に受け入れています。

診療方針と機能

在宅医療を受けられる方は治療できない疾患や障害を持つ方がほとんどを占めます。しかし、疾患や障害を持つからといって、その人らしい日常を過ごせないことは無い、と私たちは考えます。疾患や障害があるからこそ、日々を実感し、その人らしい有意義な人生を自律的に過ごせるのではないでしょうか。そのために、私たちは次のようなことを常に心がけています。

■以下のような方々を積極的に受け入れています。
・継続的な治療が必要だが、通院が困難な方
・急性期の治療が終わり、早期退院をするために支援が必要な方
・癌・非癌に関わらず、終末期(積極的治療によって改善が見込めない)の方
・どんな病気であれ、最期までご自宅で過ごしたいと希望されている方

訪問診療のご説明

複数の科の診療を診させていただきます。

複数の科の診療を診させていただきます。

町田市・相模原市・横浜市・稲城市・多摩市・八王子市の在宅療養支援診療所で数少ないCART療法(腹水濾過濃縮再静注法)の常設を行っています。末期癌による腹水貯留、肝硬変の進行による腹水貯留などにも迅速に対応いたします。 また、当院は内科、外科、精神神経科といった各科の医師がおりますので、複数の科の領域にまたがる疾患をお持ちの方(高血圧の治療が必要だが認知症があり通院を拒否される、糖尿病の既往のある方が癌になり、うつ症状を併発した、等)の診療を多く診させていただいています。

訪問診療のご説明

地域で快適に過ごすための積極的な連携。

地域で快適に過ごすための積極的な連携。

訪問歯科医師、訪問看護師、訪問管理栄養士、訪問調剤薬局と、いわば病院の中で行われているICT(感染対策チーム)、NST(栄養サポートチーム)を地域の中でチームとして行い、患者さんが地域で快適に過ごすことが出来るよう積極的に連携しています。 また、地域の医療機関の方々と連携します。通院が出来ない期間を当院が診させていただき、ご状態が良くなり通院できるようになれば当院を卒業し、地域の医療機関に通っていただくように患者さんやご家族にお願いします。

訪問診療のご説明

連携ポリシー

連携ポリシー

全ての人に、最期まで自分らしく過ごしていただくために楓の風以外の訪問看護ステーション、居宅介護事業所とも積極的に連携します。また施設も患者さんにとっての「住まい」ですので、ご自宅にお伺いする場合と私たちの診療の方針は何も変わりません。御施設のご協力が頂ける場合、積極的に看取りの支援もさせていただきます。施設の皆様との連携を取りながら、患者さんが「自分らしい生活」を過ごせるように我々がご協力させていただければ幸いです。

訪問診療のご利用料金の目安

ご利用料金はあくまでも目安です。
詳しくは在宅療養支援 総合相談窓口
0120-632-001へご相談下さい。

基本利用料(例)

1割負担の場合
約8,000円前後/月の自己負担金
2割負担の場合
約15,000円前後/月の自己負担金
3割負担の場合
約22,000円前後/月の自己負担金

高額療養費制度により医療費には上限があります。

高額療養費(医療費自己負担額の上限)保健の種類、世帯収入などによって異なります。

75歳以上の後期高齢者医療の被保健者の場合(例)
1割負担の場合 住民税非課税者
最大 約12,000円/月 最大 約8,000円/月
対象となる患者様
要支援・要介護認定を受けている 在宅での療養を希望される
通院が困難な方 認知症の方
がんなどで緩和医療が必要な方 胃ろうやIVH、点滴、在宅酸素療法などの医療管理が必要な方
介護施設やサービス付き高齢者住宅にお住まいで、通院困難な方

利用開始までの流れ

まずはお電話でご連絡下さい。ご連絡はご本人様、ご家族様、ケアマネジャー様、
病院・施設の相談員様、どなたからのご連絡でもお待ちしております。

在宅療養支援クリニック 楓の風 医療相談室

0120-73-5511

平日 月曜~金曜/9:00~17:00

診療所の概要

在宅療養支援クリニック かえでの風

在宅療養支援クリニック かえでの風

私たち在宅療養支援クリニックかえでの風は、在宅で療養される患者様のあらゆる健康上の問題、疾病に対し、総合的・継続的、そして全人的に対応する、プライマリ・ケア(身近にあり、何でも相談に乗らせていただく総合的な医療)を行う地域の保健医療機関です。お気軽にご相談下さい。

■在宅療養支援診療所の概要

所在地 ■ 在宅療養支援クリニック かえでの風
〒194-0036 東京都町田市木曽東4丁目26番地15 東京町田メディカルビルディング1F

■ 在宅療養支援クリニック かえでの風 さがみ
〒252-0328 神奈川県相模原市南区麻溝台1丁目2-15 北里ビル102号
事業所番号 介護保険事業所番号 1313227428(在宅療養支援クリニック かえでの風)
介護保険事業所番号 1412610525(在宅療養支援クリニック かえでの風 さがみ)
電話番号 0120-73-5511(在宅療養支援クリニック かえでの風 医療相談室)
042-789-5566(在宅療養支援クリニック かえでの風)
042-701-5022(在宅療養支援クリニック かえでの風 さがみ)
※電話受付時間:平日 月曜~金曜/9:00~17:00
FAX番号 042-789-5580(在宅療養支援クリニック かえでの風)
042-701-5660(在宅療養支援クリニック かえでの風 さがみ)
診療時間 月曜~土曜 9:00~12:00/13:00~17:00
※緊急対応について:病状の変化により、訪問看護ステーションと連携しながら24時間365日対応致します。
休診日 日曜・祝日・学会出席日
往診エリア 東京都町田市、稲城市、多摩市、八王子市、日野市、神奈川県相模原市、大和市、綾瀬市、座間市、愛川町、厚木市(一部)、海老名市(一部)、横浜市旭区・緑区・瀬谷区・青葉区、川崎市多摩区・麻生区・宮前区(一部)
連携医療機関 東京都保健医療公社 多摩南部地域病院
独立行政法人国立病院機構相模原病院
東京医科歯科大学医学部付属病院
慶應義塾大学病院
他多数
診療科目 内科
※内科・外科・緩和ケア科・腫瘍内科の医師がいます。
当院で可能な検査 心電図検査・ホルター心電図
心臓超音波検査・腹部超音波検査
血液検査・尿検査・便検査・培養検査
当院で可能な治療 胸水・腹水の穿刺・排液
CART(腹水濾過濃縮再静注法)
疼痛の管理・麻薬の管理
PCA(自己調節鎮痛法)ポンプ
インフューザーポンプ
点滴・注射・予防接種
中心静脈栄養法
インスリン・自己血糖測定
気管切開・人工呼吸器
経管栄養法(経鼻・胃瘻・腸瘻)
心臓ペースメーカーの管理
外傷や褥瘡などの形成外科的処置
胆道ドレナージチューブの管理
在宅酸素療法
尿道留置カテーテル・膀胱瘻・腎瘻
お支払い方法 ・銀行振り込み
・クレジットカード
利用可能なクレジットカードブランド
その他 在宅療養支援クリニック かえでの風へ研修にお越しいただいた研修医の方々の研修報告

RESULTS 01

平成25年度実績

  • 大学病院
  • 市中医療機関
  • 介護事業者
  • 家族

平成25年4月より平成26年3月まで計210名の患者さんの診療を行わせていただきました。紹介元は地域との連携を強化した結果、大学病院16%、市中医療機関33%、介護事業者41%、患者家族10%と多様に渡っています。

RESULTS 02

疾患の内訳

  • 非癌

患者さんが「住み慣れた場所で最期まで過ごす」ために末期癌の方を積極的に受け入れています。近年、非がんの患者さんの終末期が問題になっていますが、当院は積極的に受け入れを行っています。

RESULTS 03

転帰

  • 居宅死亡
  • 入院
  • 終了
  • 施設入所
  • 継続

多くの方がご自宅で亡くなります。本人、ご家族と良く話し合い、必要な場合のみ入院、救急搬送をお勧めします。現場で何も考えずに救急車要請をすることはありません。また、入院となっても早期に退院しご自宅、施設へ戻るためのお手伝いをいたします。

※2016年2月現在

■ 在宅療養支援診療所 拠点・訪問エリアマップ

在宅療養支援診療所 拠点・訪問エリアマップ
在宅療養支援診療所 拠点・訪問エリアマップ

※地図をクリックすると拡大します。

※上記以外の地域の訪問可能な場合があります。
お気軽にお問い合わせ下さい。

※2017年3月1日現在

STAFF

スタッフ紹介

※横にスライドすると他のスタッフをご覧いただけます。

院長より

今は治療に関して「インフォームドコンセント」といった考え方が主流を占めています。日本語では「説明と同意」と説明されることが多いですが、よく考えると、医師が決定した治療方針を説明し、それに対して同意するといったことであり、そこに患者さんやご家族が「こうしたいな」と考えてもあまり反映されません。どうしても医師が上になり、患者さんやご家族が従う、といった上下関係が存在してしまいます。しかし、患者家族が今まで築き上げてきた人生、その上でこれから過ごそうとしていく未来、それに自分の意思が入らないまま決まっていくことは良いことしょうか。勿論、違います。そこで、最近は「シェアードデシジョンメイキング」といった考え方が欧米で普及しつつあります。何だか長くて良く解らない言葉ですが、要は医師や看護師の持っている医学的な情報について、どういう状況だとか、主治医としてはこういうのが良いのではないかと思っているということを率直にお伝えし、それと同時に、患者さんやご家族側の事情や思いをくみ取ること、といわれています。患者さんやご家族も、自分がどういう状況にいるのか、どういうことを希望されているのか、どういうことを心配しているのかということを、お互いにつき合せて、共通の土俵をつくり、その中でどうやっていくのがいちばん良いのかと共に悩み考える。これこそが本来の医療の考え方だと思います。欧米ではこの考え方は生命予後を左右しない、例えば疣贅の治療や糖尿病の治療などに用いられ、がん患者の手術など治療方針の決定には用いないとされていますが、私たちはそれだけではもったいない、がん患者の方々の治療意思決定にも、用いられるべきだと考えます。せっかくの自分の人生です。最期まで自分の選択で人生を過ごしていければこんなに良いことはないのでしょうか。

皆様へ

「在宅医療」という言葉から、どんな想像をされますか? 病院のような治療を行う、またホスピスのように自分自身に向き合いながら必要な治療だけを行う、など色々な医療が考えられます。これは在宅医療が何をやるか決まっていない、というわけではなく、患者さんと医師や看護師といった医療従事者が相談しながら治療を決めていくからです。 私たちは患者さんにとって何が自分にとって一番重要かはその方の価値観によって変わると考えています。 まずはみなさんの価値観を私たちと共有させてください。その上で何が出来るかを考え、何が出来ないかを知り、どう工夫すれば出来るようになるかを一緒に悩みましょう。ご自身とご家族に寄り添い、何が一番大事かを一緒に話し、考えていきましょう。

皆様へ

自分が住み慣れた部屋、景色の中には自分の生の意味を思い直し、そして実感できるものがたくさん散りばめられています。「家で何かあったらどうしたらいい?」、「家族に辛いところみせたくないな。」このような不安はよく聞かれます。確かに在宅療養に不安や困難はあります。しかし、病院にいれば困難や不安がなくなるわけではないのです。緩和ケアにおいて、病院で出来ることと在宅療養で出来ることの差は少なくなってきています。そして家でしか得られないことはたくさんあるのです。在宅療養支援とは患者さんのこれまでの時間を理解し、家で過ごすかけがえのないこれからの時間を一緒にデザインし実現していくためのお手伝いです。不安や困難を一つ一つ一緒に乗り越えていく、その過程こそが大切なものではないでしょうか?「これまでの人生は楽なものではなかった、決して平坦なものではなかった。それでも一つ一つ乗り越えてきた。」それを証明するものが、自分の家にはたくさんあります。聞こえてくる家族の生活の音をBGMに、家で過ごすかけがえのない時間は自分と向き合うことを手伝い、困難を一つ一つ乗り越えていくことを必ず支えてくれます。何でも相談してください、一緒に方法を考え、工夫し、より良い時間を作っていきましょう。

皆様へ

準備中

皆様へ

準備中

CONTACT

訪問看護をご希望の方はこちら

0120-632-001

在宅療養支援ステーション 総合受付/平日 月曜~金曜/9:00~17:00

訪問診療をご希望の方はこちら

0120-73-5511

在宅療養支援クリニック かえでの風 医療相談室/平日 月曜~金曜/9:00~17:00

メールでお問い合わせ
お名前
ふりがな
メールアドレス
メールアドレス(確認)
性別
郵便番号
 
住所
電話番号
ご用件
お問い合わせの内容

このページの
先頭へ